bin プラセンタ

プラセンタを飲む時間にこだわるなら生活リズムを参考に

プラセンタを飲む時間にこだわるなら生活リズムを参考に

プラセンタを愛飲するとき、疑問に感じやすいのが、いつ飲めばよいかという点です。
サプリメントタイプのほか、ドリンクタイプであったり、タブレットタイプ・カプセルタイプであったりすると、それぞれ推奨されている飲む時間が異なることがあります。
基本的には、それぞれの推奨時間・タイミングに飲むのが適していますが、かならずしもその時間に飲まなければ効果が表れにくいわけではないことを覚えておきます。
飲むタイミングは、人それぞれ異なるのが現実的な考え方といえます。
なぜなら、朝飲むのがよいとされていても、現代人はかならずしも朝に目覚めるわけではないからです。
人によって、朝の間仕事を行い、日中や深夜に寝ることもめずらしくありません。
つまり、プラセンタの効果をできるだけ引き出したいと考えるなら、飲む時間を自分の生活リズムと照らし合わせて考えることがヒントになります。
また、もう一つヒントになるのが、実際に飲んでみた感想です。
販売会社・メーカーによって推奨されている時間のうち、この時間はあまり効果が感じられなかったけれど、二番目に推奨されている時間に飲んだら、思いのほか効果を実感できたというケースもめずらしくないのです。


基本的な考え方としては、効果が実感できる時間は定められていないと考えるのが適切です。
なぜなら、人それぞれ適切な時間が異なる上に、実感できる効果も多様であり、さらには時間厳守というルールが、実感できる効果を妨げてしまう危険性も否定できないからです。
この時間に飲まなければならない、と頭の中で決めてしまうと、気持ち的に決めた時間以外に飲むと効果を感じにくくなるケースもあり、ルールに縛られること自体ストレスの原因になってしまうことがあるので注意が必要です。
プラセンタの理想的な飲む時間の決め方は、プラセンタ商品ごとの推奨時間と自分の生活リズムを考え、無理なく定めることです。
たとえば、朝に飲むのがよいとされるプラセンタの場合、起きたときが推奨時間であることが分かります。
昼起きる生活リズムなら、無理に朝方起きるように生活リズムを変えなくても、昼起きたときに飲むようにすれば問題ありません。
寝る前も、推奨時間とされていることが多いです。
夜寝る前は忙しくて忘れがちの生活なら、仮眠をする昼や夕方に、仮眠前に飲むとよいです。
お酒を良く飲む人はプラセンタを飲むと二日酔いに効くそうなので、寝る前が理想的だと思います。
どちらにしても、忘れなければ御の字と考え、ストレスを感じない程度に飲み続けて効果を実感できるまでになるのが目標です。